試供品・サンプルを活用して自分に合ったアイテムを見つける

試供品やサンプルを活用するメリット、注意点など

インターネット

Posted by kpie.org On 4月 - 28 - 2014
ヘア用品

ドラッグストアのような店頭以外でも、インターネットを利用すれば様々な商品の試供品やサンプルを見つけることができます。そういったものをまとめているようなサイトも存在しており、このサイトを利用することでたくさんの商品を試し使いしてみることができるのです。
また、メーカーサイトなどだと商品のモニターを募集していることもあるため、一般的な試供品やサンプルよりも大きいサイズのものを無料で試したりすることもできます。こういったものを利用することで、より自分に合った商品を見つけやすいのです。
■注意点
サイトによっては、モニターになる条件としてアンケートなどに答える必要があるなどといったケースもあります。また、サンプルをもらうには電話番号やメールアドレスなどを入力しなくてはいけないというようなサイトもあります。個人情報が流出などといった心配はほとんどないのですが、場合によっては不要なメールや郵便物が送られてくることや電話がかかってくるようなことも考えられます。
メールや郵便物であれば興味がなければ無視しておけば良いのですが、電話がかかってくるとその電話に出なくてはならないため、それを面倒だと感じるような人であればあまりオススメできる方法とは言えません。
■理由
その商品に興味があるから試してみたいというような人にこそ、企業は使ってほしいと考えているのです。そのため、何となく得だから申し込みをしたり、冗談半分で申し込みをしたりしては企業にとっても迷惑となります。そうなると企業からの営業電話などはお客さん側からしても迷惑なものとなるため、結果としてお互いに不愉快な結果となってしまいます。
実際に使う気がないのなら申し込みはやめておいたほうが無難です。

宣伝

Posted by kpie.org On 4月 - 28 - 2014
試供品風

一見、企業側にとっては何のメリットもないように感じる試供品やサンプルですが、これらは実は企業にとっても大きなメリットとなる場合がほとんどなのです。そのメリットとは、「宣伝効果」です。ドラッグストアなどからお客さんへと配布してもらうことで、何もせずとも良い宣伝効果を期待することができるのです。
■商品の価値
化粧品や健康食品などといったものは、使ってもらうからこそ意味のある商品なのです。どんなに良い成分を配合しているものでもどんなに効果が高いものでも、これを誰も使ってくれなければ意味がありません。高額商品であればなおさらのことで、多くの人に手にとってもらうことは難しいと言えます。
実際に利用するお客さんとは中にどれだけ良い成分が入っているのかを知ることはできません。パッケージなどを見れば配合成分を知ることはできるのですが、その成分がどの程度配合されているかまでは分からないのです。入っている有効成分が一緒であれば、それよりも安い商品を選択するという人がほとんどです。
そこで対処法となるのがこういった試供品やサンプルを用意するという方法で、これらを用意することでお客さんにお金を出させることなく商品を使ってもらうことが可能となったのです。
■宣伝効果
こういった試供品やサンプルには、その商品と一緒にパンフレットなどをつけている場合がほとんどです。これは非常に宣伝効果が高く、パンフレットの説明を見ながら利用してもらうことで、中に入っている成分や期待できる効果などを意識して使ってもらうことができるのです。
こうして商品の良さを知ったお客さんが商品本体を購入してくれるというケースは多く、あまり有名でないメーカーでも効率よく売上を伸ばすことが可能となるのです。
■売上アップ
商品本体のおまけとしてこういったサンプルなどをつけているところも多く、そのようにお得感を持たせることでお客さんに購入したいという気を持たせることができます。

企業側のメリットとしては大体こういったものがあげられます。試供品やサンプルとは近場のドラッグストアなどでも配布されているため、高額商品でも簡単に試してみることができます。